自動車保険の請求方法

保険!Check it

被害者は政府保障事業に請求できる

自動車には車検があり、車検の時に必ず自賠責保険の確認をされるので、まれなケースになると思いますが、自動車保険の任意保険だけでなく自賠責保険も加入していない自動車による事故の被害者になってしまったらどうなってしまうのでしょうか。また、ひき逃げで加害者が誰なのかわからない場合はどうなってしまうのでしょうか。そういう時、被害者がまったく救済されないわけではなく、そういったケースのために被害者から「政府保障事業」に保険金を請求できます。政府保障事業には法定限度額があり、その限度額は自賠責保険と同じ額になりますが、政府保障事業では、健康保険や労働者災害補償保険などの公的保険から受けられた金額に相当する部分は受けられません。そのため、公的保険からの金額の確認をしたり、事実確認をしたりなどの手続きが多いため、実際に保険金が支払われるまでには多くの時間を要し、長い場合で1年かかってしまうケースもあります。

人気の自動車保険の参考になるネタはマイナーだけどこのサイトがお勧め

Copyright (C)2017自動車保険の請求方法.All rights reserved.